「なんとかなるさ」が口癖の楽天的な人との付き合い方

楽天的“なんとかなるさ!”タイプ

いつも楽天的で明るい上司の口癖は「大丈夫だよ」、「なんとかなるよ」。
私にしてみたらまったく大丈夫じゃないのに、平然とでる口癖。その神経が信じられない!
つい、モヤモヤ、イライラしてしまう…
そんなときの気持ちの切り替え方をご紹介します!

否定せずに、“なんとかなる”派の大船に乗ってみる

“なんとかなる”を否定せずに、そのまま受け入れてみましょう。
どんな状況でも「なんとかなる!」と言われては、無責任でいいかげんに思えるのも当然ですが、その考えにも一理あります。

有名な「グラスの中の水」というお話をご存じでしょうか?
グラスの中にお水が半分入っているのを見たとき、「半分しかお水がない」と思うタイプ(慎重、どちらかというとネガティブな人)と、「まだ半分もお水がある」と思うタイプ(楽天、どちらかというとポジティブなタイプ)に分かれ、その違いは『物事のとらえ方の違い』と言われています。
同じ物事なのに、とらえ方の違いによってずいぶん性質が異なってきますね。

窮地に陥ったとき、悩んでも答えの出ないときこそ、開き直り、大丈夫だと信じることで、問題を打開できることもあります。

それでもストレスを感じるときは

“なんとかなる”派の考えを否定せず柔軟に取り入れようと努力し、自分も前向きに考えたい。頭ではわかっていても、どうしても不安が勝ったり、気持ちが追いつかないときもあります。
セロトニンやコルチゾールが多い慎重派には、この”なんとかなる”派の鷹揚さがストレスになりがち。

しかしイライラするより大船に乗ったと思うほうが気持ちがラクになります。
楽天的な“なんとかなる”派タイプの、目立ちたがり屋、自分も他人も楽しくなることが大好きという根っからのサービス精神旺盛な気質を、逆にうまく利用しましょう。

楽天的タイプへの対応

楽天的タイプには、情に訴えるのが効果的

大事なことは、相手を褒め、そのうえで自分の不安を説明する、という点です。

楽天的タイプは窮地で力を発揮するのがとても得意なので、あなたの不安を解消する思いもかけないアイデアをひらめいてくれるかもれません。
頼られたり、注目されることが大好きなので、遠慮せずどんどん頼って大丈夫です。

反対に、“なんとかなる”派タイプは、好きなことばかり張り切りすぎて、副腎が疲労しやすい傾向があります。
ほどほどにしないと朝起きても疲れがとれないなどの慢性疲労症候群に陥りやすいので注意しましょう。
たまには立ち止まることも大切ですよ。

慎重派は危機管理能力に優れている

慎重派のタイプは、危機管理能力に優れているといわれます。
自分が慎重派タイプであることを否定せずに、自分にないところは周りの人に助けてもらいましょう。
ときには楽天的な人があなたの慎重なところを頼ることもあります。持ちつ持たれつ、お互い助け合うことが大切です。