「適度に」ができなくて、自分で自分を追い込んでしまう完璧主義

「だいたいで」「適度に」などの加減が難しい

「これちょっと調べて資料作って」と軽く言われても、カンペキなデータをつくらないと自分で気が済まない。

カンペキを求めるあまり、気が付くと徹夜で資料集めをしてしまったり…

「努力は無駄にならない!」と必死で作成した資料も、結果不要になったり…さすがに疲れます。

 

真面目さは財産です

完璧主義の人は、妥協することが難しく、責任感が強い性格です。それは反面、失敗を恐れている、理想が高いとも言えます。

責任感の強さや仕事のクオリティから、職場やプライベートでも信頼されやすいタイプですが、常に全力投球で頑張っていると、時には疲れてしまいます。

 

カンペキの基準とは?

カンペキの基準は、千差万別、人それぞれです。他の人の思う「カンペキ」とあなたの思う「カンペキ」は違いますし、そもそも相手は「カンペキ」を求めていないことも。

自分の「カンペキ」を求めるあまり、細かい点ばかり気にしていませんか?もっと広い視野で見てみると、案外細かい点は気にならないかもしれません。

そして、失敗=「0」、成功=「100」と極端に考えず、何か不足があっても、おいおい改善していけばなんら問題ないこともあります。すべてが常に「カンペキ」である必要はないのです。

 

日々努力を怠らず、何事にも真面目に取り組んできた経験は、あなたにとってとても貴重な財産です。

それが埋もれてしまうのはもったいないことです。少し肩の力を抜いて、気を楽にしましょう。

 

相手の意向をできるだけくみ取るようにする

多くの職場では、正確さはもちろんですが、スピードが要求されます。

これは、せかされることが苦手で、納得しながら仕事を進め、納得いくまでやり遂げることを信条とするあなたにとって、ストレスが多い風潮です。

では、どうしたらいいでしょうか?

 

他者からのストレスと、自分からのストレス

「カンペキ」を求めるあまり生じるストレスには、他者から与えられるものと、自身で与えるものがあります。

自分で自分の思う「カンペキ」に近づこうと努力し、頑張ることは素敵ですが、「カンペキ」を求めすぎて自分で自分の首をしめる結果にもなりかねません。

自分を追い込まないことが大切です。

それには、自分の限界(案件を処理できる自分の時間、体力、能力を考え、どれだけなら無理が可能か)を正しく知ることが重要です。

また、時には周りの人に頼ることも大事です。すべてを自分で背負いこもうとせずに、周りの人に手助けしてもらえる状況であれば、素直にお手伝いをお願いしてみましょう。

そして、自分の思う「カンペキ」を価値基準にせず、相手が望むことに焦点を合わせ、そこに向かって力をそそげば、あなたのカラダと心の疲労は軽減されていくでしょう。

 

完璧主義は悪いことではありません

「カンペキ」を目指し、努力を重ね、真面目に取り組むことは、誰にでもできることではありません。それはあなたの財産です。

ただ、疲れたときは一息ついたり、細かい点ばかりに気を取られていると気づいたときは客観視を意識したりなど、少しのことを気を付けるだけで、ずいぶん楽になります。

ミスしない人間はいません。それはあなたも周りの人も同じです。

自分のミスに厳しくするあまり他人のミスも許せなくなると、周りとの軋轢が生じます。

頑張りすぎて疲れやストレスがたまっていると感じたら、自分を甘やかしてみてはどうでしょうか?

そうすると、自分のミスも他人のミスも受け入れられるようになり、少しずつ心が軽くなりますよ。