フランス人は何故シワや歳を重ねた方が魅力的に感じる理由

フランス人と日本人は観点が違う

どの世代の女性が魅力的かというインタビューをするとします。
20代、30代、40代、50代。
あなたならどんな順番をつけますか。

以前、元アナウンサーでフランス人在住の中村江里子さんが言っていたのですが、フランス人男性と日本人男性に聞いたところによる結果では順番が全く真逆だったそうです。

1位が50代、2位が40代、3位が30代、4位が20代です。
これはヨーロッパ全体ではほぼ同じ結果ともいえ、若さより人生経験がが多い方が魅力的と評価しているわけです。

フランス人は「歳を取っていくという考えではなく、歳を重ねていく」という考えです。

日本人であるあなたの考えはいかかがですか。

フランス女性をお見本にしたい

日本でも大きな話題となった「フランス人は10着しか服を持たない」をはじめ、フランス女性に学ぼうと最近は多くの書籍が出ています。

「好きなことだけで生きる~フランス人の後悔しない年齢の重ね方」

「フランス女性は80歳でも恋をする」

「パリのマダムに生涯恋愛現役の秘訣を学ぶ」

「セクシーに生きる ― 年を重ねるほどに、フランス女性が輝きを増す秘密」

「French in Style フランスマダムから学んだ最上級の女になる秘訣」

「永久不滅のエレガンスのルール」

「フランス人は「ママより女」」

ファッションに子育て、そして年齢の重ね方まで。
その生き方はなんともカッコいいです。

魅力とはなんでしょう

鏡を見て、シワを見つけるとどう感じますか。

そのシワは多くの人生経験によってできた年輪のようなものです。
よくワインに例えられますが、人は経験を重ねていくごとに深みや魅力が増していくととらえることができます。

ある雑誌では、バブルを経験した50代の方々が歳を重ねていく中で本当に大切なことは何か、本当に望んでいることを本音で読者と共有できる雑誌作りをしているそうです。

25年前は老けるとかシワになるとか、そういう見た目のことが異常に気になって老けるのが怖かったけど、50歳を過ぎてみて60歳に向かっている自分はそんなに人の目を気にすることよりも自分と向き合った元気に生きていくことが何よりだと気がついてくるのです。

年齢とともに生き方や考え方は変わってきます。
歳を重ねてきてやりたいことを考えたとき、やっぱり健康でなければと誰しもが思うではないでしょうか。

健康で歳を重ねるのに大切なこと

健康でいるためには正しい情報がないと、今の日本医療にかかっては薬漬けになる可能性は高いです。

病院では対応できない症状や検診ではガンは防げません。
どうすればいいのかなどと、いまのテレビや雑誌の健康情報では防げないと感じている人も少なくはないそうです。
皆さん、何かが違うと薄々感じていないでしょうか。

先進国でガンや病気が増え続けているのは日本だけということはご存知でしょうか。
世界中の薬の5分の1は日本人が消費しています。

日本の医療が薬医療しかない偏っている医療だということや、他の先進国では危険だから禁止になっている薬を使っていること、予防接種を他の国ではあまり行わないことなど、まだほとんどの日本人は知りません。

薬医療の体制をつくったアメリカは現在、自然医学を取り入れています。
考え方を変えたことで病人がどんどん減っています。

将来どんな風になっていたいですか

日本は、言わずと知れ高齢化がどんどん進んでいます。
皆さん、長生きができるようになりました。
これから日本も熟成した大人の社会どんどん変わっていくのではないでしょうか。

そうなればますます健康であることが大事になってきます。
大事にメンテナンスしながら、最後まで元気でいることがいかに大切なことでしょう。
どうせなら背筋もきちんとして、自分の脚でどこへでも歩いていき、何でも美味しく食べられたら素敵だと思いませんか。

そのために、何が必要なのかもう少し考えることが必要そうです。

今の医療のまま薬に頼っていくのか、生活習慣を正して薬に頼らないカラダづくりをしていくのか。

どんなときでも選択権は、あなた自身にあります。

まとめ

日本は世界から見ても長生き国です。
しかし人生の最後、平均で13年もの間、介護の世話になっているという統計もあります。

シワや歳を重ねても魅力的であるというところには自分の意思を尊重し無理をせず、こんな風に過ごして生きたいと時より努力をするということが伺えます。

長生きをするならば、どんな風に過ごしたいかイメージし、それに向けた少しの努力が必要ではないでしょうか。