七五三っていつするのものなの?

七五三に出かけよう

現代ほど医療の発達していなかった昔は、子供の死亡率が高く、七つになるまでは

神様のものという考え方でした。

七五三は、そんな子供の成長を祝う儀式であり、子供の成長を祈る儀式でもあります。

 

 

元々は武家の儀式だった七五三

七五三は、江戸中期に広まったとされます。

徳川綱吉が長男の健康を祈ったのが始まりとされる説が有力で、徐々に全国に

広がりました。

昔は生まれた年の一月を基準に年齢を数えていました。

今で言う、数え年と呼ばれる年齢の数え方です。

本来、七五三は数え年の三歳、五歳、七歳に行うとされていましたが、厳密なものではなく、誕生日で年齢を数える、満年齢でされる方も多いです。

 

髪置きの儀:三歳の男の子・女の子が対象。

子供は髪を剃る風習がありましたが、それを終了し、髪を伸ばし始める儀式。

袴着の儀:五歳の男の子が対象。

男の子が袴を着用し始める儀式。

帯解きの儀:七歳の女の子が対象。

それまで、着物を紐で留めていたのを帯に変える儀式。

 

このそれぞれ少しずつ大人の仲間入りをしていく三つの儀式が七五三の原型に

なったのです。

 

 

七五三って行く日は決まっているの?

もともとは旧暦の11月15日に行われていました。

旧暦の15日は「鬼宿日」と呼ばれ、鬼が出歩かない吉日とされていました。

本来は、神様に収穫と子供の成長を感謝する日だったようです。

今でも11月15日が基準になっていますが、子供の成長を祝うのが、本来の

目的であるため10月から11月の都合の良い日にされる方が多いようです。

 

七五三って何を着て行けばいいの?

お子様の晴れの日です。お洒落したいのは、もちろんですが、無理のない服装を

心掛けて。思い出に残る一日にしたいですよね。

 

両親の服装は何が適当?

お父様の服装は礼装まで行かなくても、きちんと感のあるダークスーツや

ビジネススーツ。カジュアルなものとしてはジャケットとスラックスが適当です。

 

お母様の服装はフォーマル感のあるものを。入学式や卒業式のイメージですね。

洋装なら、スーツやワンピースがお勧めです。

和装なら、紋付の色無地や訪問着。付下げがお勧め。

どちらにしても、柔らかな色合いの、控えめな柄のものをチョイスしてください。

お子様の衣装に合わせた色合いのものも良いですよね。

お子様がきちんと主役になるような服装を心掛けてください。

 

子供の服装は?

男の子の場合はスーツかブレザー。和装なら羽織袴ですね。

三歳の場合はまだ幼く、着物は難しいかもしれません。

五歳は「袴着の儀」からきているので、羽織袴を着せてみたいところ。

 

三歳の女の子の場合、洋装ならワンピースやドレス。

ふわふわ、ひらひらしたものは可愛らしいですよね。

和装なら、着物の上に「被布」と呼ばれる衿や袖のないベストのようなものを

羽織ります。着物は帯ではなく、兵児帯などで着付けます。

女の子なら、小さくても普段着られない着物に惹かれるかもしれません。

 

七歳の女の子の場合、洋装ならワンピースかスーツ。

和装なら、大人の着物と同じような着物になります。

肩上げ・腰上げをして子供サイズに直すのです。

筥迫と呼ばれる懐紙入れと扇子を胸元に差し込みます。

「帯解きの儀」からきているので、和装がお勧めですが、お子様が無理なく、

喜べるものを選んでください。

七五三の衣装をレンタルするなら早い方がいい?

七五三の衣装をレンタルするとなれば、いつ頃がいいのでしょう?

やはり、11月15日前後は予約が集中するので、早い方がいいのでしょうか?

でも、早すぎると、天候や子供の体調などが気にかかります。

七五三はお参りだけでなく、写真撮影やお食事会も一緒にされる方が多いです。

そちらの予約の兼ね合いもあるでしょう。

 

早めに予約されると、選べる衣装も豊富ですし、割引をしているお店もあります。

確かに、天気が気になるところではありますが、3泊4日が基本になっているので、着日に気を付ければ、土日いずれかで使用することは可能です。

 

もし、衣装にこだわりがないのであれば、ある程度、天候が分かってからの予約の方がいいかもしれません。

確かに、衣装は限られるでしょうが、天気の悪い日に当たるのと、そうでないのとでは、本人の気分が全く違ってしまいます。

 

貸衣装ぽえむでは直前でも、どの衣装が借りられるか検索できるように

なっており、簡単に衣装を選んでいただけます。