完治に知っておきたいアトピーや皮膚の発疹の体の内のこと

食べ物を変えたらアトピーが良くなった、皮膚の発疹が良くなったと感じたことはありませんか。
皮膚に炎症がでるのは、皮膚そのものに原因があるよりも、口にするものやそれを解毒・排泄させる臓器などに問題がある場合が多くあります。

さらに、症状を対処的に抑えて長引かせたままでは、今度は違う器官に負荷をかけ不調を併発することにもつながっているのです。

皮膚に出ているのは毒だった

皮膚に発疹が現れるのは、体内の解毒システムがうまく機能していないのが原因です。
毒(薬、合わない食べ物など)が多すぎれば、肝臓や腎臓だけでは完全に解毒が出来ないため、あるいは腸に毒が溜まるために皮膚の細胞に影響して発疹します

生体は体外に毒素を排出しようとして、最も外界に近い皮膚に発疹を出させているのです。
多くの人はそのメカニズムを知らないので、例えば両肘にアトピーが出たら肘にステロイドなどの薬を付けて、肘に限定して問題を解決しようとします。

しかし両肘に現れている発疹が問題ではなく、体内の解毒システムの機能を治すにしろ、そもそも毒を摂りすぎているという原因を正さなければ問題は根本的に解決しないわけです。
たとえステロイドでその炎症を抑えてもいずれ別の場所に症状が現れるか、同じ場所で繰り返すか、いずれにしても症状は激しさを増してまた戻ってくるでしょう。

初期の段階で体内の原因に気づけば、ひどくなったのに比べればより簡単で済みます。
的外れな対処療法を繰り返すことでからだの中の問題がより大きく深刻化していくのです。

繰り返すことで負荷がかかってくる器管

そうなると次に症状が出てくるところがあります。
それは、『肺』です。

肺は、外界と直接つながって酸素を取り込む器官です。
外界とつながっている大きな器官である肺は、体外に毒素を排出しやすいところになります。

ステロイドを使いすぎて皮膚が硬くなってしまうと、私たちの体は呼吸を通して肺から酸素を排出しようとします。
血液中にある毒素を肺に運び、肺から息を吐く時に排出します。

ただ、肺はとても複雑な器官なので皮膚よりもさらに敏感です。
たくさんのレセプター(受容体)を持っているので排出すべき毒素が肺に入っても、一部がくっついてしまうと体外に排出されないまま肺に残るのも多く存在します。

排出するべき毒素が肺に入り、残ることで刺激となると皮膚の炎症とはまた違う疾患がつながります。

皮膚の炎症とは違う疾患が現れる

その症状とは何でしょう。
じつは、喘息などの咳の症状が現れるのです。

子どもの喘息は多くの場合、皮膚病を薬で抑えてしまったことからスタートしているといっても過言ではありません。

症状が小さすぎて見過ごしているケースもあるかもしれませんが、皮膚に異常がないままいきなり喘息の症状が現れる子どもはほとんどいません。
子どもの皮膚に炎症を見つけたらその子の体内で問題が起こっているサインだと思ってください。

ステロイドで炎症を抑え続けているといずれいたい目にあう可能性があることを知っていてほしいと思います。
つまり、アトピーや皮膚の発疹は、私たちの体の中で何らかの異常が起きていることを知らせるシグナルなのです。

なので、発疹を過小評価してはいけません。
発疹が出たらからだ全体の問題としてとらえるべきであり、からだ全体を見直し、対策をすることが必要であるといえます。

肌からのサインを読み取ろう

「肌は内臓の鏡である」という言葉を聞いたことがある人もいると思います。
私たちの体になにか問題が起きたとき、多くの場合は皮膚の表面に症状が現れてきます。

炎症を見てどうしようと、ほとんどの人は表面に出ている炎症を薬で抑えるはずです。
がしかし、これでまずは良しと思うだけではいけません。

皮膚の炎症の多くの場合は、身体の内部にあるので薬で抑えただけでは解決するわけではないのです。

お話ししてきたようように、皮膚表面に炎症が出ている根本の原因を解決しなければ、いずれ次に弱いところに異常をきたし、同じことの繰り返しになってしまいます。
そうやって、目に見える表面だけをあちこち薬で抑えているうちにじつは体内の故障がじわじわと進んでいくのです。

薬を使うと炎症はすぐ引きます。
抑えただけでは根本的な解決にはなっていないため、また再発するだけでなく、その他に支障をきたすとは驚きではないでしょうか。

まとめ

もともと皮膚に発疹が出るのは、薬や合わない食べ物などを多くとることで体内の解毒システムがうまく機能してないからといえます。

解毒を高めるには内臓の健康を保つようにすることが大切です。
また、弱っている内臓を機能させるように治癒させていかなければいけません。

子をもつ親御さんには喘息のことも知っておいてほしいところです。
からだのサインを読み取り、抑えるだけではない取り組みをしていくようにしましょう。