帯は着物の要!!着物に付ける帯ってどういうもの?

「菰を着ても錦を巻け」というぐらい帯は着物の要です。

帯がよいほど着物って映えるものです。

名古屋帯ってどういうもの??

名古屋帯は多彩な色糸を用いた織りの帯はもちろん、上品な染め帯、モダンな刺繍帯など

おしゃれ着にあう色柄が豊富です。特にお太鼓柄には、遊び心や季節を象徴する具体的な絵柄が

用いられることが多く、シンプルな着物と合わせて帯を主役に装うのが基本です。

金、銀、箔を用いた名古屋帯は礼装向きになるので、あまりカジュアルな場には向かないものでは

あります。

袋名古屋帯ってどういうもの??

袋名古屋帯には、紬、博多織など地の厚い織り帯があります。

どちらかというとカジュアル向きの帯となります。

半幅帯ってどういうもの??

名古屋帯や袋名古屋帯の半分の幅で、木綿やウールはもちろん、紬や小紋で

出かける時につけるカジュアル向きな帯です。

帯揚げや帯締めがなくても結べ、くだけた雰囲気で装うことができるのが特徴です。

よそゆきにも締められるお手頃な帯は??

化繊の染め帯がお手頃価格で、締めやすく、緩まないので、祇園の舞妓さんも

お稽古にいくときに使っているとかいないとか。

お気に入りの色柄があれば、どんな着物にも合わせられて、訪問着にも合わせられます。

帯はあまり汚れることはないですが、化繊ならドライクリーニングにも出せます。

染め名古屋帯って??

染め帯は織りの帯よりもやわらかい雰囲気を出してくれます。

金、銀、箔や刺繍がほどこされている場合は、準礼装向きになり、カジュアルの場面には

向きません。染め帯は遊び心のある柄が豊富なので、パーティーの目的に合う柄を

締めれば場も華やかになります。

また、織りの着物に染め帯といわれるのは、織の持つかたい雰囲気を染め帯が

やわらげてくれるからです。

まとめ

食事会や観劇など、おしゃれ着に締める帯として出番が多いのは、名古屋帯や

袋名古屋帯です。半幅帯ならよりカジュアルな印象になります。

帯は着物と同格か、それ以上のものを合わせるようにしよう!!