頑固な便秘も生活習慣で治る!薬に頼らない解消法。

便秘の根本治療

便秘で悩み、便秘薬や漢方薬、ひどい方は消化器科を受診している方も多いですよね。
慢性的になってしまい、とりあえず薬を飲むことで解決してしまうのでは、またくり返してしまいます。

なぜ便秘になってしまうのか原因を知り、本当の意味で消化器が正常に働くことが大切です。
無理矢理薬で出していたのでは、かえって腸に負担になっていき、大きな病気になるリスクを高めることになってしまいます。

便秘になる原因を知りましょう

ではなぜ便秘になるのでしょう?
便秘も、自律神経がうまく機能していない可能性が高いと言われています。
いわゆる自律神経失調症です。

自律神経とは、自分の意志に関係なく、全ての臓器を正しく動かしている神経です。
食べたら勝手に消化して吸収して、排泄してくれるのもその働きの一つです。

自律神経の働きの中には2つの働きがあって、一つは活動の時に働く交感神経、もう一つがリラックスの時に働く副交感神経です。
消化器官は、そのうちの副交感神経が働いてくれますので、もしリラックスできていない状態が続けば、便秘になってしまうでしょう。
だって消化器官が働いてくれなくなる訳ですから。

生活習慣で便秘解消

また、腸内細菌の善玉菌が少なくても、腸の働きは正常に機能しなくなってしまいます。
発酵食品が有効だといわれるのはそのためです。

食物繊維も溜まっているものを押し出す効果がありますし、善玉菌のえさになるので必要ですね。

さらに運動不足が続いても便秘になる可能性が高まります。
ただあるくのではなく早歩きで歩くことで適度に腸を刺激してくれますので、意識したいところですね。

このように、生活習慣により、便秘も良くなるか悪くなるか、決まってしまうのです。
薬では根本的な改善にはならないのです。

自分に合わない食べ物、知っていますか?

また、日本ではあまり知られていませんが、自然医科学では、体質や気質の違いで、合う食べ物合わない食べ物が違うと言う考え方があります。
もし合わない食べ物を、長年好んで頻繁に食べていたら、腸は汚れてゴミがたまっている状態なので、便秘や下痢の原因になるでしょう。
栄養が吸収しにくいばかりか、そのゴミが栄養素の一部と一緒に血液に吸収されて、全身の細胞にそのゴミが運ばれて細胞に溜まってしまえば、その細胞は機能しなくなります。

合わない食べ物が及ぼす影響

人間は細胞で出来ていますので、細胞が機能しなくなれば全身に影響してしまうのです。
肉体の病だけでなく、精神病や原因不明の病と言われるものも含めて、いわゆる全身病、細胞病になる可能性もある訳です。
食べ物の影響で精神病?と思われるでしょうが、実は多いに関係があることが分かっているのです。

細胞に溜まったカスを取り除いてくれる作用の薬草などもありますが、それだけでは改善しないケースがあります。
それより大事なことは、自分の体質や気質を知って、何が合わないのかが分かれば避けることが出来ますよね。
日本でもそういうことを広めて知ってもらう活動があるのです。