森田療法を知っていますか。うつ病療法。

森田療法って何?

森田療法は、森田正馬博士が1919年に創始し日本で生まれた神経症(不安障害)の精神療法のことで、今年で100年を迎えます。

西洋で生まれた認知療法や行動療法の精神療法は、なぜ不安が生じるのかという原因を知って、そのことを意識することに重点をおきます。

一方の森田療法は、なぜ悩んでいるのかという原因については重点をおきません。その土台には、不安になるのはごく自然なことであって、自然に背いた時は悩みが増していくという東洋的な考えがあります。

心と体は自然の一部であって通じ合うものであるという心身一元論の教えも森田療法には取り入れられています。

元来、神経症の治療を目的とした森田療法ですが、現代社会の心の悩み全てに広く応用が利く方法として使われています。

広場恐怖や対人恐怖などの恐怖症、全般性不安障害やパニック障害などの不安神経症、強迫神経症、心気症などさまざまな神経症に対する精神療法で、高い治療効果が期待されています。

森田療法の対象になる人

森田療法で効果が表れやすいのは、森田神経質と呼ばれている人です。森田神経質というのは、上昇志向があり、完璧主義者で些細なミスも許すことができない、いつも反省している、内省的、心配性で先のことをあれこれと思い悩んでしまうなどの性格傾向を持った、いわゆる神経質性格の人のことをあらわします。

症状としましては、人の視線が気になる、ガスの元栓や戸締りが気になって何度も確認してしまう、外出先から帰ったときやトイレの後は何度も手を洗わないと気が済まない、人前で緊張して思うように話せない、手が震えて字が書けない、突然不安感に襲われて倒れてしまうのではと心配ばかりするなどがあげられます。

神経質性格の人は「生に対する欲望が強い」ので、自己の心身の少しの不安や違和感も認めることができずに取り除こうとするため、かえって囚われてしまうといったメカニズムを持っています。すなわち不安や恐怖と欲望は表裏一体の関係にあるのです。

恐怖症や不安神経症、強迫神経症など森田療法の対象となる症状は、一般的には心療内科や精神科で治療が行われていますが、森田療法での治療を希望する場合は、森田療法についてきちんと学んだ専門医のもとで治療することをおすすめします。

森田療法の特徴

森田療法は、創始者の森田正馬博士自身が若い頃に神経症に悩まされた経験があるため、悩む人々に対しての深い共感と、生きる力に対しての信頼にあふれた輝かしい人間観に基づいています。

森田正馬博士は、『不安や恐怖を覚えるのは心身の自然な現象なのに、これを自分の意志でどうにかするのは「思想の矛盾」ともいえる状態でかえって不快感が強まってしまう。不安や恐怖は消すことができないが、自身の行動は自分の意志で変えられる。目の前にあるやるべきことを黙々とやることにより、不安な気持ちは自然に変化していく。つまり、「発想の転換」が大事である』と言っています。

不安を取り除こうとしないこと。例えるなら、人の前で緊張して不安になるという人は、その不安を「あってはならないものだ」と考えて、取り除こうとします。しかし、意識すればするほどに不安は増し、ますます緊張してしまうという負のスパイラルに陥ります。
森田療法では不安や恐怖の裏にある「生の欲望」に着目します。人は誰でも「生きたい」という欲望を持っていますので、そのことが実現されないことへの恐怖が生じると考えるのです。

例え苦痛に満ちていても、不安や恐怖は「生きたい」という欲望から生まれてくる自然な感情なのです。その感情を取り除いたり否定したりすることは、自分の欲望を否定することにも繋がります。その結果、不安を排除するためにやりたいこともできず、憂うつ感や不安感を高めることになりかねません。

現代のうつは慢性化しやすく、環境や性格的な要素が強い神経症性のうつや、ストレスの多様化でうつが起こりやすい状況だと言えます。

うつからの回復には薬物療法や休養が必要ですが、自分が病んでいるという事実に気付いてその事実を受け入れることが大切です。つまり森田療法で言うところの「心の持つ自然治癒力」を引き出すということは最高の治療方法なのです。

まとめ

今の日本は、失敗を簡単に受け入れてくれる社会ではありません。そんな中で失敗しないように、なんでも完璧にこなそうと無理をして日常生活を送っている人が多いといえます。
無理をすることによって多くの苦しみや悩みを引き起こし、それがやがて心身のストレスにつながっていきますので注意が必要です。

森田療法では、不安とは自然な感情で「あるがまま」にしておき、緊張してもいいので人の前で話してみようと指導します。

このように、不安を今は仕方がないものとして受け入れ、自身の「生の欲望」の実現に向かって進むところから治療が始まるのです。
そして、薬に頼るのではなく、行動や考え方を変えてみること。治療のゴールの目指すところは「あるがまま」の自分なのです。

参考:北西憲二「森田療法のすべてがわかる本」